So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

『チベット医学』より [詩]

三番目の医典『秘訣タントラ』には、人々が怒り、
貪り、慢心、無知といった煩悩に溺れて粗暴な態度を
とり始め、俗人は道徳を失い、聖職者は己の欲望に走る
汚辱の時代について説かれています。濁世が到来すると、
人はさまざまなタイプの化学物質を開発し、その化学物質
よって「十八の悪性の(もしくは致命的な)病」と呼ばれる
病が生じると釈尊は述べられています。
昔はそれほど多くは発生しなかったのに、今この時代になって
多発しているあらゆる種の癌などは、この「十八の悪性の病」の
一つにあてはまるでしょう。
『チベット医学』イェシェー・ドゥンデン著
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。