So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

詩人ルネ・シャール 生存の切れ端 [詩]

ぼくは自分が事件であることを欲していた。自分が楽譜で
あることを想像していた。ぼくは不器用だった。ぼくの意に
反して、ぼくはしばしば口に運ぶ林檎に取って代わった髑髏は、
ぼくに気づかれなかった。ぼくは離れたところに行って、その
ものをちゃんと噛んでみた。そんな果実をくわえて散歩するわけ
にはいかないし、そんな果実への愛を熱望することもできないので、
空腹だったとき、ぼくはそれに林檎という名前をあたえようと決心
した。するともう不安ではなくなった。ぼくの困惑の対象が詩に
特有の流れるような、それでいて曖昧でもある特徴のもとに現れた
のは、そのずっとあとでしかない。(544)

「万能の弓」である想像力によって髑髏を秘かに林檎に変えてみせる。
ルネ・シャールは後年、「詩とは、私たちが死のおぞましい顔面に投げ
つけてやる、生存の腐敗しない切れ端である」(359)といった、だれでも
引用する有名な文句を書くことになるが、その最初の意識がすでにここで
現れているのだ。
『激情と神秘』ールネ・シャールの詩と思想ー西永良成著

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。